ベビーフォトを撮影する記念日|横浜、名古屋の赤ちゃんの写真撮影はベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

ベビーフォトを撮影する記念日

誕生から1歳の誕生日までの間には、赤ちゃんの健やかな成長を祈願するお祝い事がたくさんあるのをご存知でしょうか。赤ちゃんが大きくなるのはとても早いので、記念日にベビーフォトを写しておけば後日我が子の成長過程を見比べることができます。
このページではそんなベビーフォト撮影の絶好のチャンスともいうべき記念日をご紹介しましょう。

お七夜

生後7日目のお祝い。産まれた日から数えて7日目の夜に赤ちゃんに名前をつけ、周囲にお披露目する記念日です。
平安貴族の「産立ち(うぶだち)の祝い」に由来していて、子どもが生まれた日を「初夜」、3日目を「三夜」、5日目を「五夜」、7日目を「七夜」、9日目を「九夜」といって、奇数日ごとにお祝いをしていました。江戸時代以降「七夜」だけが残り庶民にも広まりましたが、昔は赤ちゃんが生後すぐ亡くなることも多かったので、7日目のお七夜は赤ちゃんの無事を確かめる節目でもありました。

お宮参り

赤ちゃんと一緒にその土地の氏神様にお参りして、無事に赤ちゃんが生まれたことを感謝し健やかな成長を願う意味で行われます。
男の子は生後31日目、女の子は生後33日目に行うと良いとされていますが、赤ちゃんと母親の体調や家族の都合、天候の良い日を選ぶのが良いでしょう。真夏や真冬になる場合は、過ごしやすい気候になってからお宮参りに行っても差し支えありません。

お食い初め

「百日(ももか)」「箸ぞろえ」「箸始め」「歯固め」とも呼ばれる、我が子に初めてごはんを食べさせる記念日。乳歯がはえ始める生後100日~120日に行うのが一般的で、食べることに一生困らないようにと箸を使って魚を食べさせる真似をします。昔はその家で最年長の祖父母が最初に赤ちゃんの口に箸を持っていくのが習わしでしたが、あまり形式にこだわらずにそれぞれの家庭に合ったお祝いの仕方で構わないでしょう。

初節句

赤ちゃんの無事を祝い今後の健やかな成長を願う記念日で、男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の桃の節句を生まれて初めて迎えることを意味します。
初節句では男の子には武者人形、女の子には雛人形などが贈られ、どちらも両家の祖父母や親せきといった身近な人を招いて盛大にお祝いするのが一般的です。

ハーフバースデー

生後6か月ともなると、赤ちゃんは寝返りやお座りができるようになったり、笑顔を見せてくれたりするようになります。お子さまの成長を祝いベビーフォトを残しておきましょう。
ちなみに日本では生後6カ月の記念日として広まっているハーフバースデーですが、欧米で行われる本来のハーフバースデーは、夏休みなど長期休暇中に誕生日を迎える子がクラスメイトにお祝いされないとかわいそうなので、誕生日の6か月前や6か月後にクラスでお祝いしようという習慣のことです。

初誕生日

初めての誕生日は無事に1歳になったことに感謝し、無病息災を願う記念日です。
地方によってお祝いの仕方もいろいろありますが、将来食べ物に困らないように祈願する「一升餅」を用意したり、選んだ品でその子の才能や将来の職業を占う「選び取り(将来占い)」をしたりして、ご家族で盛大にお祝いしましょう。

横浜、東京、名古屋のベビーフォトスタジオプルメリアは、お好きな衣装や小物を持ち込んで、自由で気軽にベビーフォト撮影ができるのが特徴です。
マタニティ撮影からご希望の方は、アルバム付のマタニティ&ベビーセットプランがおすすめ。ぜひチェックしてみてください。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved