ベビーフォトのベストな撮影時期と時間は?|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

ベビーフォトのベストな撮影時期と時間は?

「ベビーフォトを撮影したいのですが、おすすめの時期は生後何ヵ月頃ですか?」という質問をよく聞きます。赤ちゃんはご存じのとおり、産まれてから毎日驚くほど成長しているため、身近で見守っているご両親やご家族は、常にシャッターチャンスの連続でしょう。ここでは、フォトスタジオでプロカメラマンによる、ベビーフォトを撮影する際のベストな撮影時期と時間をご紹介します。

撮影時期

撮影時期

生後一年間の中では、日々成長している赤ちゃんの成長はとても早く、時期によって撮影が出来る表情やポーズは常に変化をしています。それには個人差もありますが、首が座ってからのほうがポーズを取りやすく、様々なバリエーションの写真撮影が出来ます。そのため、より満足出来るベビーフォトを目指すなら、生後3ヶ月位から1歳(12ヵ月)位の一年以内が決め手。

この時期にプロの手でスタジオ撮影することがおすすめです。その中でも、赤ちゃんやそのご家族にとってのベストな時期があるはずなので、ここからは月齢毎にご説明します。

生後3〜4ヶ月

生後3〜4ヶ月

この時期は、赤ちゃんの成長の大きな一つの節目です。
出生時の体重の約2倍で、体つきもぷくぷくと丸くて愛らしく、手足の動きも活発になります。音のする方へ顔を向けたり、あやすと笑うようになったり表情も豊かになるので可愛さが増し、赤ちゃんらしさが満載の時期です。
また、首がだんだんと座ってくるため、赤ちゃんのたて抱きも楽になり、おじいちゃんやおばあちゃんなど周りの大人たちも安心して抱っこしやすくなる時期でしょう。さらに、腹ばいにすると、頭を持ち上げたり、首を左右に動かしたりするような動作も出来るようになるので様々なポーズの写真も可能です。

また、赤ちゃん自身の視野も1?2ヶ月の頃と違いかなり広がります。そのため、ガラガラなどおもちゃを渡すと小さな手で握ったり、興味を持ってじっと眺めたり、自分の手を口に入れたり出来るので、変化に富んだ写真も残せるでしょう。また生後100日目には、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにと願いを込めて行う、お食い初めのイベントがあります。歯が生え始める頃でもあり、この時に合わせてスタジオ撮影というのも丁度良いでしょう。

生後6〜7ヶ月

生後6〜7ヶ月

最近よく耳にする「ハーフバースデー」。
おじいちゃんおばあちゃん世代ではあまり聞きなれない言葉ですが、これは、一歳の誕生日の半分まで成長した、生後6ヶ月のお祝いです。もともとは、アメリカなど英語圏の風習でしたが、日本でも新しい記念日として近年定着してきました。赤ちゃんの無事の成長を祝う、という意味ももちろんですが、半年間赤ちゃんの身の回りのお世話をしてきたママや家族の頑張りをねぎらってお祝いをする家庭も増えています。

またこの頃の赤ちゃんの個人差はありますが、活発さが少しずつ出てくる頃です。一人でしっかりと座る事はまだ出来ませんが、少し足を開いて手を前につかせてみると、一人でお座りが出来るようになります。
そして、うつぶせやはいはいが出来たり、寝返りを打ったりと日々の変化が著しく変化をする時期です。このようにあっという間に成長するため、この時期の赤ちゃんをプロが撮影した写真という記録に残すのも良いでしょう。

生後10〜12ヶ月

生後10〜12ヶ月

この時期は、赤ちゃんらしい愛らしさに加え、男らしさや女らしさもその仕草などに表れてくる頃です。
また、様々な個性や性格を表すような表情もはっきり出てくる時期でしょう。成長の度合いはお子様によって様々ですが、高速ハイハイやつかまり立ち、そして、いよいよ一人歩行が始まります。たった半年でも、大人と違って赤ちゃんの体は、生後半年の頃と生後一年では全く別。とはいっても、まだまだ赤ちゃん。すくすく成長して、たくましくなってきているものの、泣いても笑ってもあどけない表情を見せてくれます。

そんな風に、ご家族や周りの人たちを幸せにしてくれる豊かな表情は世界に一つの宝物です。その最高の一瞬を逃さないのもやはり、プロのカメラマンの技。一生に一度しか見られない表情をベビーフォトに残します。もちろんスタジオではなく、家族の中で撮影するのも良いのですが、生まれて初めての誕生日の写真には、実はよくある落とし穴があります。家族にとっても一年間頑張って一緒に成長した記念日ですが、ありがちなのが「家族揃っての記念写真を撮り忘れたこと」です。

やはり当日は、お子様のベストショットを撮るのに必死、食事を楽しむうちお子様はお昼寝…ママはご馳走作りでお疲れ、パパは子守りで疲れて赤ちゃんと一緒にお昼寝…気が付けば、お子様だけの写真はたくさんあるのに、パパかママのどちらかが一緒に写っている写真は数枚だけ。こんな事態を防ぐためにも、二度とない大切な一歳の記念日にもスタジオで家族写真を撮るのもいいかもしれません。但し、スタジオによっては、ベビーフォト=赤ちゃんの撮影のみ、家族も一緒に撮影する場合は別途料金発生…などもあるので、事前に確認すると良いでしょう。

撮影時間

撮影時間

「ベビーフォトを予約する時は何時頃がおすすめですか?」という質問もよく聞きます。季節や地域にもよりますが、基本的には日中の明るい時間帯「11〜15時」位が良いでしょう。赤ちゃんは、ベビーフォトに最適な3ヶ月を過ぎると新生児の頃と違い、昼間に起きている時間が長くなります。
このような赤ちゃんの機嫌が良い、昼間の時間帯を見計らって、自然光が射し込む部屋で撮るのが一般的には良いはず。但し、主役はあくまでも赤ちゃんなので、お昼寝の時間帯や普段のご機嫌の良い時間帯を考えて予約するのが一番良いかもしれません。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved