1歳になったばかりの赤ちゃんの成長|東京、横浜、名古屋の赤ちゃんの写真撮影はベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

1歳になったばかりの赤ちゃんの成長

運動量や自己主張が増え、いろいろな物が食べられるように

運動量や自己主張が増え、いろいろな物が食べられるように

1歳を迎えた赤ちゃんは、生まれた頃よりも体重は約3倍、身長は約1.5倍に成長します。
まだきちんと歩ける赤ちゃんは少数ですが、ハイハイで突進してきたり、つかまり立ち・伝い歩きをして転び、泣きわめいたりと、とにかく運動量や自己主張が増す時期でもあります。
1歳の誕生日を迎えて、家族で幸せに包まれていることでしょうが、まだまだ手のかかる時期は続きます。

1歳〜1歳半は離乳食の完了期

ムラ食いや散らかし、遊び食べが激しい

柔らかめのものや口当たりの良い物なら、ほとんど大人と同じものが食べられる子もいますが、好みや偏食がある子もたくさんいます。一定時間が経てば一定量お腹が空く訳ではないので、ムラ食いや散らかし、遊び食べが激しく、ご両親にとってはストレスが多い時期。なんとか長い目で見守ってあげたいですね。

まだまだ母乳も欲しがる時期。近年は断乳という言葉は使われなくなり、卒乳という言葉が一般的になりました。赤ちゃんが自然と欲しがらなくなるまで、母乳は与えて構わないと言われています。フォローアップミルクを与えている赤ちゃんは、牛乳と並行しはじめる子が増える時期です。

身ぶり・手ぶり・目線で会話をする

意味のある言葉を話し始める子もいます

赤ちゃんによっては意味のある言葉を話し始める子もいます。
ただ、きれいに聞き取れる言葉ではなく、ママを呼ぶ時に「あーあ」、車をさして「うー」など。ただ、言葉の発達は一番個人差が激しいと言われていますので、焦らずに身守りましょう。

言葉以外で表現することがメイン

身ぶり・手振り・目線・表情などをご両親がくみとってあげて、一緒に会話を楽しみましょう。一生懸命に言いたいことを表現する赤ちゃんに対して、大人が共感し言葉で答えてあげることで、言葉や情緒の発達が促され、スキンシップも生まれます。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved