赤ちゃんの「よちよちあんよ期」|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

赤ちゃんの「よちよちあんよ期」

赤ちゃんによってはいはいのスタイルが違う

交互に足を出してつたい歩きを始める子も多い

活発に動き回るようになるよちよちあんよ期になると、ぷくぷくとした赤ちゃん体型が少しずつ幼児体型に近付きます。
つかまり立ちが出来るようになると、交互に足を出してつたい歩きを始める子も多いものです。
しかし、歩き方は不安定。

転びそうになりながらも歩いて行く子もいれば、慎重のすり足で歩く子もいたり、2,3歩でやめてしまったり、泣いてママを呼ぶ子も。もちろん、つたい歩きを全くしない子もいます。

赤ちゃんによってそれぞれ個性がありますので、歩き出さなくても焦らずに、ゆっくりと待ってあげましょう。急に歩き出すことも多く、親の方が心の準備が出来ていないことも。床に硬い物を置きっぱなしにしていると、転んでケガをしてしまうこともありますので、片付けもしっかりしましょう。
少しずつ幼児体型に変化していくベビーの姿も、写真に残したいものです。フォトスタジオと、手元のスマートフォンやデジタルカメラを利用した写真は、趣も変わってきますので、どちらも記録として持ちたいものです。

10ヶ月頃の赤ちゃん

運動神経が開花し、手先がさらに器用になる

10ヶ月頃の赤ちゃん

積み木やブロッグにも興味を示すようになり、指先で色々な遊びを楽しむようになるのです。音の出るおもちゃも大好きで、振ったり押したり、何度も繰り返して遊ぶようになるでしょう。

運動神経だけではなく知能も発達し、素晴らし記憶力を見せてくれるようになります。
例えば、冷蔵庫の中にジュースが入っているのを覚えていて、おねだりする姿も見られるようになるのです。昼間の興奮を、夜思い出してしまいなかなか寝付けない日もあれば、夜中に目が覚めて泣き出してしまう日もあるでしょう。
そんな時は添い寝をして、優しく身体をさすってあげて下さい。

大人の真似をするのも、少しずつ上手になっていきます。
バイバイと手を振ったり、ママの言葉を真似っこしたり。全ての言葉を理解しているわけではありませんが、ママやパパが言っているが少しずつ分かるようになる時期です。
ダメなことをした時は、しっかりと叱ることも大切になります。

赤ちゃんはイタズラも大好き

いつも叱っていると、本当にやめて欲しいことをした時にも「いつものこと」と思われて伝わり辛くなってしまいます。
多少のイタズラには目をつむり、本当にしてはいけない危険な事をした時に、しっかりと言い聞かせましょう。
何度も繰り返すでしょうが、その度に言い聞かせて、根気よく気長に教えていくことが大切です。

11ヶ月頃の赤ちゃん

おしめから紙パンツに移行を始めるベビーが増える

11ヶ月頃の赤ちゃん

足が発達してくる11ヶ月は、おしめから紙パンツに移行を始めるベビーが増えます。つかまり立ちしてもらえば、立ったままおむつ交換が出来るので便利です。

11ヶ月の赤ちゃんは、離乳食後期でもあります。
ご飯をお粥から軟飯に変える家庭が増えていくのです。
赤ちゃんは大人の食事に興味をもっていますが、化学調味料が入り味付けも濃い大人の食事は避け、薄味の料理を食べさせて下さい。
離乳食がすすみ、栄養が食事から摂れるようになると授乳量は減っていきます。
栄養バランスを考えながら食事の準備をしましょう。
しかし、授乳をやめる必要はありません。栄養補填にもなりますので、欲しがるようならば食後にあげて下さい。
眠る時に飲みたがる子も多いもの。精神的に安定しますので、与えて大丈夫です。

また、絵本などをビリビリに破ってしまうのもこの頃です。
これは、イタズラではなく、紙が裂ける音や感触を楽しむ好奇心からの行動です。破られて困る物は、手の届かない場所に置いておきましょう。細かいものに好奇心が引かれる頃でもありますので、画鋲などにも注意して下さい。

出来ることが増え、大人の言うことがどんどん理解出来るようになるにつれ、自己主張はますます強くなっていきます。
嫌なことは嫌だと、大声で泣いたり、暴れたり、全身で抵抗してくるのです。
これは、心が成長している証拠。

子どもの気持ちをくみ取ってあげながら、「でも、もう帰らないと遅くなっちゃうからね。また今度来ようね」など理由を説明するなど、「これ何でしょう?分かるかな」などと、気持ちを切り替えさせてあげて下さい。

赤ちゃんの成長は千差万別

月齢にそってご案内しておりますが、赤ちゃんの成長は一人ずつ違います。あくまで目安でしかありませんので、遅くても不安に思うことはありません。不安な時は子育ての相談窓口やお医者様に相談しながら、いつもと同じようにお子様へ愛情を注いであげて下さい。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved