赤ちゃんの成長と発達 ねんね期|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

ねんね期

パパママに対する信頼感がうまれる、大切な時期

パパママに対する信頼感がうまれる、
大切な時期

ねんねや抱っこが多いねんね期は、赤ちゃんの中にパパママに対する信頼感がうまれる、とても大切な時期です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、とても小さくて、首もすわっていない頼りない状態。どうして泣いているのか分からずに、新米パパママは不安と疑問でいっぱいでしょう。しかし、ねんね期の子どもと触れ合いながら次第に親としての役割に自信が持てるようになるのです。

日々成長していく赤ちゃんは、1ヶ月で全く違う顔を見せるようになります。こまめにフォトスタジオで写真撮影をすると、素敵な記録の出来上がりです。
生まれたばかりのお子様を外に連れて行くのはおすすめ出来ません。出張フォトサービスを使うか、首がすわるのを待ちましょう。

新生児の赤ちゃん

産まれる前からママの子宮の中で両親の声を聞いて育っている

新生児の赤ちゃん

新生児に最も重要なものは、授乳と睡眠、そして不安な気持ちをやわらげてくれるママやパパの存在です。お子様は、産まれる前からママの子宮の中で両親の声を聞いて育っています。そのためママやパパが話しかけてあげると、聞き慣れた声を聞いてリラックスするのです。

新生児の目が見えるのはどのくらいの距離までだと思いますか?実は、最大でも20~25センチと言われています。抱っこした時の顔と腕の間程度の距離までしか見えないのです。抱っこをする時は、なるべく近くに引き寄せて上げて下さい。

最初の数週間は、抱っこにも慣れず、夜泣きも多く、新米ママは肉体的にも精神的にも大変です。ママの健康管理を欠かさないようにし、パパにも育児や家事をしっかりと協力してもらいましょう。

生後3週間の赤ちゃん

産まれたばかりの頃と違い、育児のペースがつかめてくる頃

生後3週間の赤ちゃん

寝る時間と授乳の時間が少しだけ定期的になります。3時間ごとに授乳をおこないますが、ぐっすり眠っている時は様子を見ながら寝かせてあげましょう。

ママやパパを観察したり、自分の手を見つめたりすることが増えてきます。話しかけるとジェスチャーや声で嬉しさを表現するのも可愛いところ。そんな赤ちゃんに応えて、ちょっとした会話を交わしてみましょう。
そんな楽しい時間がある一方、1日の終わりが近づくと機嫌が悪くなることも。
赤ちゃんの要求に疲れ果ててしまい、悩んでいるお母さんも多いものです。

しかし、お子様が笑ったり、色々な反応を返したりするようになると育児が楽しいと感じられるようになります。
もう少し頑張れば、育児が楽しく楽に感じるようになりますので、安心して下さい。

夜中の授乳などで、ママの体力は削られがち。実家の両親を頼れるのなら甘えてしまいましょう。

ストレスをためず、子どものペースに合わせて、ゆっくりと生活して下さい。おじいちゃん・おばあちゃん・パパが、専属カメラマンとして張り切る頃です。たくさんのかわいい写真を撮影してもらいましょう。

2ヶ月頃の赤ちゃん

「クゥクゥ」と言うような声を上げ、ママが話しかけると反応することが増える

2ヶ月頃の赤ちゃん

この頃になると生活パターンが決まり、寝る時間や授乳の時間がほぼ一定となってきます。夕方や夜中に大きな声でぐずりだすことも度々で、ママのストレスがたまってしまいます。一人で悩まずに、夫や親など信頼出来る方に助けを求めて下さい。相談出来る施設も色々あり、市役所のホームページなども頼りになります。

授乳の前後は、ママや周りの人に対して興味津々。監察している姿が度々見られるでしょう。まるまると太り、あごやももが二重になりやすい時期ですが、心配は不要です。むしろこの時期特有のまるまるとした姿を、ぜひ写真に残しておきましょう。

赤ちゃんの成長は千差万別

月齢にそってご案内しておりますが、赤ちゃんの成長は一人ずつ違います。あくまで目安でしかありませんので、遅くても不安に思うことはありません。不安な時は子育ての相談窓口やお医者様に相談しながら、いつもと同じようにお子様へ愛情を注いであげて下さい。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved