赤ちゃんの冬の外出着|横浜、名古屋の赤ちゃんの写真撮影はベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

赤ちゃんの冬の外出着

赤ちゃんの冬の外出着

赤ちゃんの冬の外出着

冬は、屋外は寒く屋内は温かいです。気温の差が激しいため、赤ちゃんの服装をどうすべきか悩んでしまう方は多いでしょう。
風邪をひかせないため、ついつい厚着をさせてしまいがちですが、実は赤ちゃんは大人よりも暑がり。そのため、大人の着る枚数よりも1枚少なくて大丈夫です。
今回は、寒い季節を乗り切る外出時のベビー服についてご案内します。

赤ちゃんの汗対策

赤ちゃんの汗対策

寒い冬は、屋内に入ると暖房が入っていて温かいですよね。そのため、服を着せる時は重ね着が基本。屋内に入ったら上着を脱がせて汗をかかないように気を付けましょう。
赤ちゃんが汗をかいたことに気が付かずにそのままにしておくと、汗が冷えて風邪を引いてしまうことに。暑くてぐずり出すこともあります。
重ね着をすると、服と服の間に空気が入り、保温性が増します。
赤ちゃんの汗対策として、汗を吸い取ってくれる肌着を着せることが重要です。
室内では、肌着+アウターで充分。寒い日は、短肌着の上に長肌着(もしくはコンビ着)を着せて、その上にアウターで良いでしょう。

赤ちゃんの体温調節対策

赤ちゃんの体温調節対策

赤ちゃんの体温調節をするために使えるものとしては、カーディガンやベストの他、帽子や靴下、スパッツ、タイツなどがあります。
室内では靴下を履かせる必要はありません。なぜなら室内で履くと足が蒸れてしまいますし、滑って危険だからです。手足が冷たいと思った時でも、身体が温かいなら問題ありません。屋外では履かせてあげましょう。
外出時のアウターとしては、コートやポンチョ、ジャンプスーツなどがおすすめ。新生児はおくるみで調整してあげましょう。ベビーカーなら、ひざ掛けも準備してください。
忘れてはならないのは、脱ぎ着させるのは親だということ。着せやすいことや脱がせやすいことも重要です。

冬のベビー服のおすすめ素材

冬のベビー服のおすすめ素材

冬に人気が高いベビー服の素材は、接結天竺ニット。薄手のニットが2枚重なった生地で、ふわふわしていて保温性が高いのに、通気性がよくむれにくく、ママたちに人気です。
デリケートな赤ちゃんの肌着には、厚手のカーゼや厚手のフライスニットがおすすめ。保湿性に優れていて蒸れにくいといった特徴があります。フライスニットとは生地の編み方のことで、締め付けないのにフィットする着心地。肌が弱い子なら、オーガニックニットのフライスが安心ですね。
肌触りが良い素材として、スムースニットも人気。こちらの編み方も保湿性に優れ、肌の弱い赤ちゃんにも使えます。目と目が詰まっていて、凹凸の少ない生地です。
伸縮性に優れ着心地が良い素材として、キルトニットもおすすめ。2枚のニット地の間に綿が挟まれています。
おくるみで人気が高いものは、フリースやウール、キルトニットなど。肌触りが良くて保温性が高い素材です。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved