赤ちゃんの夏の外出着|横浜、名古屋の赤ちゃんの写真撮影はベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

赤ちゃんの夏の外出着

赤ちゃんの夏の外出着

赤ちゃんの写真を使ったオリジナルクッション

新緑が清々しい夏の季節は晴れた日が多く気持ちも前向きに。日中は赤ちゃんを外へ連れて行ってあげたいですよね。
しかし、ここで悩むのがベビー服のコーデ。赤ちゃんは大人とは基礎体温も活動パターンも違うので、大人が上手に服装で調節してあげる必要があります。特に夏は温度差への対策がポイント。外の暑さは言うまでもありませんが、冷房で室内外の気温差が大きいので注意しましょう。
暑い季節を乗り切る、外出時のベビー服についてご案内します。

赤ちゃんの汗対策

室内に居るときは肌着だけでも問題ありませんが、外出時は半袖のベビー服がいいでしょう。汗をかきやすいので、長時間外出するときは何枚か着替えを持ち歩きましょう。優先すべきは赤ちゃんの快適さ。汗っかきの赤ちゃんならこまめに着替えさせるなど、臨機応変に考えてください。
汗取りパッドを使うのも便利。特に車移動の際は、チャイルドシートに座らせると赤ちゃんは背中に熱がこもって蒸れやすいので、パッドがあると便利です。サラシやガーゼなどでも代用できます。
また、外の暑さの一方で夏は外出先の冷房が強すぎることも少なくありません。汗をかいた後に赤ちゃんが冷え過ぎないように薄手の肌掛けやタオルを持っておくと安心です。
環境に合わせたコーディネートで体温調節をしてあげましょう。

赤ちゃんの紫外線対策

どこでもいっしょ♪ベビーフォト・トートバッグ

夏は日差しが強いので、ジリジリとした紫外線から赤ちゃんを守ってあげましょう。
抱っこひもで出かけるときは室内と同じくらいの軽装に帽子をかぶせるくらいでも良いですが、バギーに乗せているときはほろがあっても角度によっては赤ちゃんに直接日が当たるし、地面からの照り返しもあるので注意が必要。 バギーを購入するときには、ほろが大きいものを選ぶことも大切。バギーに付けるタイプのサンシェイドも売っているので検討しましょう。
日差しが強い日は長時間外で過ごすことは危険と考えたほうがベスト。もし外出しなければならない場合は、赤ちゃん用の日焼け止めを塗ったり、バギーの上から紫外線カットの膝掛けをかけるなどしましょう。

夏のベビー服のおすすめ素材

赤ちゃんの夏のコーデは薄着が一番ですが、素材を活かした体温調節も大切。吸水性に優れた素材のベビー服を用意しましょう。
おすすめはやはり綿素材。通気性も放湿性も高い綿は、汗をかく夏の赤ちゃんにぴったりです。季節を問わず天竺はベビー服によく用いられますが、夏はより薄手のガーゼやフライスを使ったものが多いので、状況に応じて選ぶのがおすすめです。
パイル地のベストも1枚あると、肌寒いときや冷房が強い外出先などで重宝します。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved