赤ちゃんの秋の外出着|横浜、名古屋の赤ちゃんの写真撮影はベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

赤ちゃんの秋の外出着

赤ちゃんの秋の外出着

赤ちゃんの写真を使ったオリジナルクッション

秋と一言に言っても、9月はまだ暑さが残る日々。10月は過ごしやすく、そして11月はだんだん寒くなっていきます。
また今日は寒くても明日は暑いなど、日によっても気温がまちまち。大人の服でも何を着れば良いのか悩むのに、赤ちゃんの服だとなおさらです。
それでは、陽が暮れるのが少しずつ早くなる秋の外出着をご案内しましょう。

赤ちゃんは汗っかき

涼しい秋。大人と同じ枚数の服を着せると、赤ちゃんは大量に汗をかきます。
と言うのも、赤ちゃんの体温は大人よりも高い37度前後で汗っかきだからです。大人には快適な温度でも、赤ちゃんには熱く感じて汗をかいてしまうことが多々あります。
汗をかくと肌着が濡れます。それが原因で風邪をひいてしまうことも。赤ちゃんはお昼寝をする度に大量の汗をかくので、気を付けてあげてください。赤ちゃんの背中が汗で濡れていないか、時々チェックしましょう。
赤ちゃんに着せる枚数の目安は、大人よりも1枚少なく着せるのがポイントです。(生後3ヶ月くらいまでは、大人と同じ枚数が目安ですが、汗をかいたらすぐに着替えさせてください)

日ごとの気温に合わせた赤ちゃんの洋服

どこでもいっしょ♪ベビーフォト・トートバッグ

日によって気温差がある秋は、その都度プラスしていくことのできる小物が役に立ちます。
新生児の間はレッグウォーマーと靴下。暑くなったらレッグウォーマーだけを脱がせるなど、臨機応変に対応できます。赤ちゃんの太ももを締め付けず、なおかつずり落ちることのないようなジャストサイズのものを選びましょう。
急な天候の変化にも対応できるよう、ブランケットの持参もおすすめ。
気温が20度を下回る日はカーディガンやベスト、ケープやポンチョなどを着せます。途中で気温が上がったり建物の中が暖かかったりするため、厚手の服はおすすめできません。薄手の服を重ね着して調整しましょう。
また、外出はなるべく温かい日中がおすすめ。秋とは言え日中は紫外線が強いので、帽子などを被らせるようにしてください。

秋のベビー服のおすすめ素材

赤ちゃんの服は、季節を問わずに綿100%がおすすめです。肌触りも通気性も良く、汗をよく吸い洗濯にも強い。まさにベビー服の王道と言える素材でしょう。
生後3ヶ月頃までは短肌着。動きが大きくなり、肌着がめくれあがったりほどけてしまったりするようになったら、コンビ肌着やボディ肌着に。
ポンチョやブランケットは、フリース素材やタオルケットなどさまざまな素材がありますが、肌触りの良いものを選びましょう。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved