赤ちゃんのお七夜、命名式とは?|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

赤ちゃんのお七夜、命名式とは?

お七夜(命名式)は赤ちゃんへの生後初めてのお祝いです。地域や家庭によっても少しずつやり方が違いますが、ここでは、その最も一般的な内容をご紹介しましょう。

生後1週間を記念する、お祝いの行事

生後1週間を記念する、お祝いの行事

「お七夜」の起源や由来ははっきりしていませんが、現代のように医療レベルが高くなかった時代、生まれすぐの赤ちゃんの生存率はそれほど高くはなく、誕生直後の1週間を無事に過ごせることは大変おめでたいこととされていました。そのため、生後7日目の夜にこの行事が行われるようになったといわれています。 またこの行事は別名を「命名式」や「名付けの祝い」とも呼ばれ、赤ちゃんの名前を皆にお披露目して、その存在を家族はもちろん、地域の人々やその土地の神様に報告する日とされました。

生後1週間(7日目)の数え方

現在は一般的に、赤ちゃんが生まれた当日を「生後0日」とするのに対し、お七夜(命名式)では、誕生したその日を「生後1日目」と数えて7日目(現代の「生後6日目」)の夜にお七夜のお祝いをします。
例えば5月1日に赤ちゃんが生まれたとしたら、お七夜のお祝いをするのは6日後の5月7日になるわけです。とはいえ、この頃はまだ、ママの産後の体調があまり優れない、ということもよくあります。そのような場合は、命名のお知らせだけを行って、お祝いは後日にしても問題ありません。

名前をお披露目して、お祝いの料理を囲む

名前をお披露目して、お祝いの料理を囲む

かつては一族の長が名付け親となって家族、親せき一同を招いて行われた「お七夜(命名式)」ですが、今は自宅に双方の両親を招くか、婦だけで行われることが一般的になっています。まずは命名式で名前を披露し、その後にお祝いの料理を楽しむのが正式です。

命名式のやり方

命名式では、「命名書」と呼ばれる半紙(奉書紙)に名前を書いてお披露目を行います。正式な命名書の書き方をご紹介しましょう。まずは半紙(奉書紙)を左右三つ折りにし、その一番右に命名と書いて下さい。その左隣の中央部分には「パパの名前と続柄」、「赤ちゃんの名前」「赤ちゃんが生まれた日付」を並べて書きます。その隣の一番左の部分には、「パパの名前(ママの名前を書くことも)」と「命名した日付」を書きます。
現代では略式で書かれる場合も多く、その場合は半紙(奉書紙)の真ん中に赤ちゃんの名前を、左に生年月日を書きます。書き終わった命名書は本来、「お宮参り」の日まで神棚や床の間に飾っておくものでしたが、今ではベビーベッドや壁の目立つところに貼られることが多くなっています。

命名書の手に入れ方

命名式のやり方

「命名書」の入手方法ですが、略式のものであれば文具店やベビー用品店などで手に入れられる他、インターネットでダウンロードすることも出来ます。シンプルな紙だけのタイプの他にも、壁かけ式やメモリアルブック形式のものあるようです。
なお、命名式の最後には、記念に赤ちゃんの手や足の型を取って、皆で記念写真を撮りましょう。撮影は赤ちゃんの写真撮影(ベビーフォト)を得意とする写真スタジオにお願いするのがおすすめです。

お七夜(命名式)の祝い料理について

命名式のお祝いの席では、お赤飯、尾かしら付きの鯛、紅白のお麩やかまぼこ、なますの他、刺身やハマグリのお吸い物が並んだ「祝い膳」を食べるのが本来です。
妊娠直後のママにあまり負担をかけたくないということであれば出前のお寿司などで済ませてもよいでしょう。なお、赤ちゃんやママへの負担を考えれば、外食は避けるのが無難です。ねぎらいの気持ちを込めてママの好きな料理や食べ物を用意してあげるのもよいですね。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved