赤ちゃんの髪の毛で作る誕生筆とは|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

赤ちゃんの髪の毛で作る誕生筆とは

誕生筆は、古くは胎毛筆とも呼ばれ、生まれた子供が頭脳明晰に育つようにという願いを込めて赤ちゃんの髪の毛(胎毛)で作られた筆のことです。ママのお腹の中で赤ちゃんを守るために生える産毛で、赤ちゃんしか持っていないものです。

誕生筆とは?

生まれてから一度もハサミを入れていない髪の毛で作る

生まれてから一度もハサミを入れていない髪の毛で作る

誕生筆は、赤ちゃんがママのお腹の中にいるときに生える胎毛を使って作る筆のことで、約3000年前に中国から伝わったとされ、生まれてから一度もハサミを入れていない髪の毛の毛先で作ります。

誕生筆に使うのは、妊娠5ヶ月頃から生えている胎毛。赤ちゃんを羊水の刺激から守るために生えてくる産毛のことで、先端が自然に細くなっているため筆に適しているといわれています。胎毛は、一度でも切ってしまうと毛先の形が変わってしまうため、同じ筆は二度と作ることが出来ません。このため、赤ちゃん筆は一生に一度しか作ることが出来ません。

必要な長さや毛量は?

必要な長さや毛量は?

誕生筆を作るのには、5〜7センチ程度の胎毛が必要とされています。
また、量は大人の小指程度の太さになるように用意するとよいといわれていますので、作製のタイミングは生後6〜12ヶ月頃が目安となります。
しかし、赤ちゃんの毛量はそれぞれ個人差がありますので、必ずしもこの期間とは限りません。カットした際の量に合わせて筆の大きさを選ぶようにしましょう。

万が一、赤ちゃんの胎毛だけで賄えない場合は、再度伸ばした髪を足したり、家族の毛を混ぜたりすることもあります。
くせ毛の赤ちゃんでも「火のし」という工程で伸ばして作製するので、問題はありません。

実際に書道は可能?

実際に書道は可能?

実際に赤ちゃんの髪の毛を触れば分かると思いますが、大人と違って赤ちゃんの髪の毛は非常に柔らかいもの。
通常の毛筆ようの筆と異なり、腰が弱いので書道には適していません。

さらに誕生筆を墨に浸してしまっては、胎毛特有の柔らかさが失われてしまいますので、箱や額に入れて保管しておき、入学・卒業祝いや成人の日、結婚式などの際に親から子へとプレゼントしましょう。成長し、誕生筆をもらったお子様はどれほどに自分がご両親から相さていたかを実感されるはずです。
保管方法などは筆の作製所へ確認しましょう。

誕生筆の記念に

誕生筆を作るために初めてのカットや商品が届いた際の記念撮影として、出張撮影を利用されてはいかがでしょうか?

当スタジオでは出張撮影も行っておりますので、ぜひ一生の一度の記念の瞬間を写真に残されてはいかがでしょうか?

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved