赤ちゃんの初誕生祝いとは|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

赤ちゃんの初誕生祝いとは

赤ちゃんが生まれてから初めて迎える誕生日。
満一歳をお祝いする行事のことです。
昔は、新年と共に1つ年を取るという“数え年”という風習でしたが、初めての誕生日だけは特別なお祝いをしていたようです。ここでは、赤ちゃんが初めて迎える初誕生祝いについてご紹介します。

初誕生祝いとは?

初誕生祝いとは、赤ちゃんが満1歳を迎えた時に祝う行事

初誕生祝いとは、赤ちゃんが満1歳を迎えた時に祝う行事

その昔、日本では元旦に年を取るという考えの“数え年”が主流だったこともあり、誕生日を祝うという習慣がありませんでした。
しかし、赤ちゃんが誕生して1年目にあたる日は特別に親戚や親しい人を招き、盛大に初誕生祝いを行ったと言われています。
昔は十分な食料がなかったため、赤ちゃんは慢性的に栄養不足が続き、1歳を迎える前に病気になってしまったり、亡くなってしまったりということも多々あったようです。

初誕生祝いとは、1歳まで元気に生きられたという喜びや感謝の気持ちを込めて、またこの後も赤ちゃんが健やかに育つようにと願いを込めた儀式でした。

初誕生祝いの方法

初誕生祝いの方法

地域によっても異なりますが、「誕生餅」と呼ばれるお餅を赤ちゃんに背負わせたりしていたようです。
現在は、パパ・ママ、おじいちゃん・おばあちゃんとごく親しい身内のみでお祝いをすることが多くなり、お餅を用意する家庭も減っているようです。

お食い初めや節句のように特に用意しなければいけない献立などもありませんので、バースデーケーキと赤ちゃんの好きなメニューやお祝いする方の好きなメニューを用意するだけでも構いません。

初誕生祝いで用意したいものは?

初誕生祝いで用意したいものは?

地域にもよりますし、現在は核家族も増えていますので、絶対に用意しなければいけないものではありませんが、出来れば用意したいのがお餅です。
一升餅とは、「一升」を「一生」とかけて、「一生涯お餅のように丸く、長生きできるように」と「一生涯食べる物に困ることのないように」という願いが込められたお餅です。

お餅に赤ちゃんの名前や寿という文字を入れて、それをふろしきに包んで赤ちゃんに背負わせます。一生分のずしりとした重さを体全体で感じさせようというものですが、重さは何と2キロ近くありますので、なかなか立ち上がることが出来なかったり、泣きだしてしまったりすることがあります。

昔からの伝統を大切に

昔からの伝統に習ってお祝いをしたいというご家族は、転んだり、泣いたりする姿を写真に残してもよいでしょう。
お祝いをいただいた場合、お返しは特に必要ないとされていますが撮影した写真でハガキを作成し送ると喜ばれます。

当スタジオでは出張撮影も行っておりますのでかわいい姿を残してみませんか?

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved