お宮参りの服装のマナー|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

お宮参りの服装のマナー

生後ひと月の赤ちゃんの健康と無事を神様にお祈りする行事「お宮参り」。その際に赤ちゃん、パパやママはどのような服を着ればよいのでしょうか。
お宮参り前後にスタジオ等で撮影する赤ちゃんの記念写真(ベビーフォト)の際も映える、服装のマナーやポイントをご紹介します。

お宮参りの赤ちゃんの服装

ルールへのとらわれ過ぎは不要

ルールへのとらわれ過ぎは不要

お宮参りでは、母方の実家が贈った祝い着を赤ちゃんに着せるのが正式ですが、最近はそれも必須ではなくなりつつあります。赤ちゃんやママの体調、天候や季節も考慮して、あまりしきたりにとらわれ過ぎないことが一番大切です。
赤ちゃんを含めた全員が普段着でお参りし、ベビーフォトなど、記念写真の撮影だけはレンタルの正装等でしっかりと行う家族もいます。

正式なお宮参りの祝い着とは

正式なお宮参りの祝い着とは

基本は、肌着の上に白羽二重の内着を。その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせます。男の子は白羽二重にのし目模様の紺色掛け着または黒羽二重の紋付等を、女の子は白羽二重に「友禅模様」の掛け着等を着せるのが正式です。

お宮参りで赤ちゃんを抱くのは本来、父方の祖母の役目。赤ちゃんを抱っこした状態のまま、祖母の首の後ろで付けひもを結びましょう。

大阪など関西の一部では、お宮参りの祝い着のひもに「紐銭(お宮参りお祝いに頂いたお金を紙に包んだり、のし袋に入れたりして、それぞれをひもで結び付けたもの)」をくくりつけることもあります。

ベビードレスを着せる場合

ベビードレスを着せる場合

和装ではなく洋服の場合は、ベビードレスを着せてケープをかけるスタイルが人気です。最近はお宮参りを両親と赤ちゃんだけ行う場合が多く、祝い着もベビードレスを着せることも珍しくありません。レンタル衣装を利用しても良いでしょう。

お宮参りの際の両親の服装

最近は洋服が主流、
出来れば赤ちゃんに合わせて

最近は洋服が主流、出来れば赤ちゃんに合わせて

お宮参りの際のパパとママの大半が最近は洋装です。着物は着付けや髪型などに手間がかかるのに対し、洋服なら手軽です。

赤ちゃんの祝い着が和服の場合、赤ちゃんを抱っこする父方の祖母も着物の方がバランスよく見えるでしょう。また父方の祖母が和服なら、ママも和服を着た方が、調和が取れて見えます。ただし、赤ちゃんが和装であろうとパパの服装はスーツが主流です。

とはいえ、ルールに縛られる必要はありません。赤ちゃんやママの体調を全く考慮しない無理のある服装は本末転倒です。

パパ(男性)の服装のポイント

パパ(男性)の服装のポイント

お宮参りの主役である赤ちゃんの服装に合わせるのが基本です。赤ちゃんが正式な祝い着なら、パパ(男性)も正装がよいでしょう。和服なら一つ紋か三つ紋の羽織に着物、袴を合わせるのが正装です。一般的には、略礼服、略装、略服と呼ばれる洋服でよく、ブラックスーツやダークスーツがそれに当たります。

ママ(女性)の服装のポイント

ママ(女性)の服装のポイント

ママも主役である赤ちゃんの服装に合わせましょう。 赤ちゃんが正式な祝い着の場合にはママも和服の正装(問着や色留袖、紋付の羽織など)がベターです。ただし一般には、略装、略服と呼ばれる洋服でよく、スーツ、ワンピースがそれに当たります。

髪型についてはむしろ控えめ、清楚、すっきりといった印象のものがよいでしょう。なお、コートは祝詞をあげてもらう神殿内では脱ぐのが正式なマナー。

もし和服を選ぶなら、一般には略礼服と呼ばれる無地の付下や訪問着で十分です。髪型も出来れば和装にふさわしいアップスタイルにしましょう。ただし、最近はお宮参りに着物を着ること自体が減ってきてはいます。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved