お宮参りの赤ちゃんの衣装の選び方と着せ方|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

お宮参りの赤ちゃんの衣装の選び方と着せ方

生後1か月目に地元の神社で赤ちゃんの無事を祈る「お宮参り」では、赤ちゃんはお祝いの晴れ着(和装)を着ることになっています。では、その衣装の選び方や着せ方に何か決まりごとはあるのでしょうか。

お宮参りの衣装の選び方

祝い着の柄は、地域や家によってしきたりが異なる

祝い着の柄は、地域や家によってしきたりが異なる

伝統的にはママの両親が祝い着を準備し、絹糸で織られた白羽二重の上に着せてあげます。祝い着の柄は男の子の場合は鷹や龍が描かれた黒系のもの、女の子には花や手毬の柄の赤系のものが人気ですが、地域や家によってしきたりが異なる場合もあります。

最近ではわざわざ購入せずに和服のレンタルショップが利用される場合も多いようですし、実際の店舗が近くにない場合はネットレンタルが利用される場合もあるようです。

また、お宮参りでは絶対に和服の祝い着を着せなければいけないかというと、そうとも限りません。フォーマルなベビードレスや普段着ているベビー服でお宮参りをしても問題はないのです。「お宮参り」の記念にどのような赤ちゃんの写真(ベビーフォト)を撮影したいかによっても衣装の選び方は変わってくるでしょうか。

お宮参りの衣装の着せ方

和服の場合は、絹で出来た白羽二重の上に着せてあげるのが正式

お宮参りの衣装の着せ方

既にご紹介した通り、和服の祝い着の場合は、絹で出来た白羽二重の上に着せてあげるのが正式です。赤ちゃんを抱っこしたら、まず、白羽二重を着せた赤ちゃんの頭を右肩か左肩のどちらか一方に寄せておきましょう。
次に頭を寄せていない側の肩に祝い着をかけ、赤ちゃんを包み込むように祝い着を回し掛けます。最後に赤ちゃんを抱いている人の首の後ろで祝い着の紐を蝶結びにすれば完成です。その際、「よだれかけ(スタイ)」は祝い着の上に出してあげるようにしましょう。

尚、生後1か月の赤ちゃんは体温の調節が上手ではありません。
夏は服の着せ過ぎから激しく発汗し、脱水症状に陥ってしまう恐れがあります。そのため、夏に祝い着を着せるのはスタジオ等での記念写真(ベビーフォト)撮影の時だけにして、それ以外は丈が短い肌着(短肌着)や薄手のベビードレスくらいにしておくのがよいでしょう。もし室内の冷房が心配なら、防寒用ケープを準備しておけば安心です。

寒い冬の場合は…

お祝い着の上にコートなどの上着を羽織ることは難しいため、重ね着を上手にさせることが大切です。ベビードレスの下に丈の短い肌着(短肌着)と厚手の丈の長い肌着を組み合わせて着せるとよく、靴下や帽子なども防寒グッズを準備しておきましょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved