百日祝い(ももかいわい)のお膳の献立|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

お膳の献立

生後100日を迎えた赤ちゃんのお祝いを「御百日祝い」といいます。一般的にお食い初めとも呼ばれ、赤ちゃんの大切なお祝いとなります。
ここでは、お食い初めで準備するものと献立について紹介致します。

準備するもの

準備するもの

本来は、紋の入ったものをお祝いとして用意するのですが、ちょうどお食い初めの時期は離乳食の時期と重なります。
このため、近年では離乳食の際に利用するベビー食器を代用する方が増えています。
昔の方法に則ってお祝いをするのもよいのですが、必ずそうしなければいけないということではありません。ただし、必ず新しいものを用意しましょう。

食器

正式には漆器で高足の御膳を用意します。色は、男の子は内外が朱、女の子は外側が黒で内側が朱のものを選びます。もちろん通常の食器でももちろんOKですが、新品のものを用意しましょう。

祝い箸

柳でつくられた、両端が細くなっているお箸のことです。このお箸は縁起が良いとされています。もちろん、普通のお箸でも代用可能です。

料理

一汁三菜。魚、吸い物、煮物、香の物、赤飯を用意するのが一般的です。

尾頭つきの魚

鯛が一般的ですが、地方によって異なります。

赤飯

季節に合わせて栗ごはんや豆ご飯でも問題ありません。

汁物

鯛やエビの入ったお吸い物や蛤のお吸い物が基本です。現在は、ベビー用のスープを使う方も増えています。

焚き物

おめでたい昆布やたけのこといった旬の煮物を用意しましょう。筑前煮にたけのこを入れるのが一般的なようです。

香の物

季節の漬物を用意しましょう。

紅白の餅

おめでたいものとして用意しましょう。

歯固め石

歯固めの儀式用の小石。赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願って使用します。お宮参りの際に神社からもらうのが一般的ですが、無い場合は河原などで拾ったものでもOKです。よく洗浄して使用しましょう。

お食い初めの順番

お食い初めの順番

祝い膳の正式な順番は、ご飯、汁物、ご飯、魚、ご飯、汁物の順で食べさせるまねを3回繰り返します。
このうち一粒だけでも赤ちゃんが食べるとお祝いになりますので、ほんの少しだけ赤ちゃんのお口に入れるとよいとされています。
3回終わったら、歯固めの儀式として、歯固め石に箸の先にちょんちょんとつついて、その箸を 赤ちゃんの歯茎にそっと押し当ててください。

食べさせる真似を3回くりかえしてから歯固めの儀式
  • 1ご飯

  • 2汁物

  • 3ご飯

  • 4

  • 5ご飯

  • 6汁物

この要領でお食い初めの儀式は終了となります。儀式の後は、大人たちでお食い初めのメニューを食べましょう。
歯固めの石は後日、神社の境内へ感謝の気持を込めてお返しするようにしましょう。

この大切な記念に写真撮影はいかがでしょうか。当スタジオでは出張撮影も行っております。プロのカメラマンが赤ちゃんの成長とご家族の皆様の笑顔を残すお手伝いをさせて頂きます。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved