百日祝い(ももかいわい)の仕方|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

百日祝い(ももかいわい)の仕方

生後100日を迎えた赤ちゃんのお祝いを「御百日祝い」といいます。
一般的にはお食い初めとも呼ばれています。地域によっては、100日から120日の間に行われることが一般的で、「真魚始め(まなはじめ)」「箸揃え」「箸祝い」「歯固め」と呼ぶこともあります。

お食い初め(御百日祝い)のお祝いとは?

お食い初め(御百日祝い)のお祝いとは?

お食い初め(御百日祝い)は、子供が食べ物に一生困らないことを願って、初めて食べ物を食べるまねをさせる儀式のことです。また、歯が生え始めるころということもあり、生後100日目頃を目処に行うのが一般的とされ、赤ちゃんが生まれた日を1日目にカウントして、生まれてから100日目にお食い初めを行います。

地域によっては110日目や120日目、男の子は生後120日目、女の子は生後100日目など諸説あります。地方によって異なりますので、その土地に合わせたタイミングで行うとよいでしょう。

お食い初めの方法は?

お食い初めの「儀式」と聞くと、なんだか大変そうなイメージで、どうすればよいかと悩んでしまうパパやママもいることでしょう。もちろん、昔ながらの方法を再現した儀式を行うことは大変です。現在は、食器をベビー食器へのアレンジやメニューの工夫を行うことで、簡易的もお食い初めを行う家庭も増えています。赤ちゃんのこれからの成長を願う一生に一度のお食い初めでしから、無理のない範囲で楽しみながら、家庭ごとに合わせたスタイルで行いましょう。

どんな人とどこで行うのがいいの?

どんな人とどこで行うのがいいの?

お食い初めのお祝いの仕方をご紹介します。昔はお食い初めというと親戚や親しい知人を招いていましたが、近年は両親、祖父母といった家族だけで行われることがほとんどのようです。

赤ちゃんに食べさせる(まね)役目は、長寿を願うことも含めて、参加者の中でも祖父母の中の年長者にお願いします。場所は自宅で行うことがほとんどですが、最近ではレストランやホテルなど飲食店のプランを利用される方が増えています。

このようにせっかくのお祝いの席には、写真を残したいものですね。
当スタジオでは出張プランの撮影がございますので、お食い初めを行う場所まで撮影に伺います。ぜひお気軽にお問合せください。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved