初節句(男の子)のお祝い方法|横浜、東京、名古屋ベビーフォトスタジオプルメリア【公式】

main

初節句(男の子)のお祝い方法。

赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句を初節句といいます。3月3日は桃の節句といい、ひな祭りで女の子の成長を祝います。男の子の場合、5月5日のこどもの日に端午の節句としてお祝いをします。
生まれてから初めてやってくる5月5日の端午の節句にはどんなふうにお祝いをすればよいのかをご紹介します。

端午の節句とは?

端午の節句とは?

初節句とは、赤ちゃんが生まれて初めての節句のことです。男の子が丈夫でたくましい男性に成長するよう、願いを込めてお祝いをしましょう。

男の子の節句には、鎧兜などの五月人形を飾り、鯉のぼりを揚げる家庭が多いですね。その飾りは、初節句を迎える際に母親の実家が贈るのが習わしとされています。

鎧兜などの五月人形を飾り、5月5日の初節句の日か、前日(宵節句)に親しい身内を招いて、赤ちゃんの健やかな成長を祝います。

端午の節句は、古く奈良時代より行われていたようですが、現在のように鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習だと言われています。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。

なかには、男の子が早生まれで3月に生れる場合や4月に生れる場合もあるでしょう。その場合は、翌年に行うようにしましょう。お宮参りやお食い初めが終わってからとし、翌年を初節句として対応しましょう。

鎧兜とこいのぼり

江戸時代より、現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りだといわれ、鯉が急流を乗り越え、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説から、子どもの立身出世を願う飾りとして広まりました。

初節句の際、五月人形などの内飾りを3月20日春分の日を過ぎた頃から飾り始めます。鯉などの外飾りは、4月上旬頃に出すことが多いようです。直前や当日に五月人形を飾るのは「一夜飾り」といって縁起が悪いといわれています。家族が集まる場所に飾るとよいでしょう。

食べるもの

端午の節句によく食べられるものです。それぞれどのような意味や由来があるのでしょうか。

柏餅

柏餅をくるむ柏の葉は、新芽が出ない限り古い葉が落ちないことから子孫繁栄を意味します。

(ちまき)

ちまきは、邪鬼を祓うものとされ中国には古くから「災いを避ける」という意味があります。

縁起物の定番でめでたいという意味があります。

赤飯or寿司

お祝いのご飯の定番メニューです。

(たけのこ)

真っ直ぐ元気に育つようにいう意味を込めて。

海老

赤色は生命力を表すため、力良い子になるように。

健康でマメに過ごせる願いを込めて。

(はす)

穴が空いているため、見通しのよい人生を表現。

(かつお)

「勝男」にちなみ食べられています。

(よもぎ)

薬の成分があり、子どもの健康を願う意味。

(ぶり)

成長するに従って名前が変化する出世魚

子どもの日の端午の節句は、家族全員で子どもの健やかな成長を願う1日。特に生まれて初めての節句ですから、特別な日にしたいもの。
端午の節句のしきたりも時代に合わせて変化していますので、絶対にこうでなければいけないと考え込んでしまう必要はありません。子どもが無事に成長してくれたことに感謝して、また来年も無事にこの日が迎えられるように祈りましょう。
当スタジオでは出張サービスも行っていますので、ぜひ記念の1枚を残して下さい。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Copyright © Royal Kaila Photo Studio. All Rights Reserved